【東京23区内】賃料・施設設備・アクセス等に優れた格安賃貸オフィスをおすすめ比較で紹介します!

【東京23区内】賃料・施設設備・アクセス等に優れた優良賃貸オフィスを紹介します!

はじめまして。私は、医療機器メーカーに勤めている30代会社員です。

この度経営悪化にともないオフィスを移転することになったのですが、その移転先のオフィスの拠点を検討する大事な役割を私が担うことになりました。しかし任されたはいいものの、オフィスの移転を検討することはこれまでになかったため、どのような観点で探せばいいのか分かりませんでした。

そこで調べていったところ、今度は逆に賃貸オフィスに詳しくなったので、私のようにオフィスの移転で悩んでいる方のために、東京23区内でおすすめの格安賃貸オフィスを紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

【東京】おすすめの格安賃貸オフィス5選!

東京流通センターオフィスビルの画像
コストパフォーマンスが高い賃貸オフィス

「東京流通センター(TRC)」は、流通センター駅から徒歩1分のところに位置しています。さらにビルの周りは幹線道路に囲まれているため、車での通勤もしやすい好立地です。

ビル内はサービス施設や設備が充実しており、中には貨物用エレベーター設備もあります。これだけ充実した賃貸オフィスにも関わらず、賃料が安くコストパフォーマンスが高いところが魅力です。

1,000坪以上の大空間オフィス

「東京スクエアガーデン」は、東京では珍しい1,000坪以上の整形無柱空間のオフィスになっています。これだけの坪数があるため、さまざまなワークスタイルに対応が可能です。

さらに周辺には、半径500m以内だけでも500軒以上の飲食店があり、5つの駅が徒歩圏内になっています。この立地は働きやすい環境になっていると言えるでしょう。

三軒茶屋のシンボルにもなっている高層複合ビル

「キャロットタワー」は三軒茶屋のシンボルともいえる高層複合ビルで、賃貸オフィスのほかにも飲食店、文化施設、展望台といったさまざまな施設が入っています。三軒茶屋駅から直結で行くことができ、アクセスもしやすいです。

キャロットタワー周辺には飲食店や居酒屋が豊富にあるため、働きやすい環境というだけではなく、プライベートも充実できることでしょう。

東京駅から直結の好立地

「サピアタワー」は東京駅から直結で行ける賃貸オフィスビルですが、賃貸オフィス以外にも貸会議室やホテルなどが入っています。そのため、大きな会議やセミナーを行うことになった場合、遠方から大事なお客さまが来る場合でも対応可能です。

もちろんセキュリティ対策もしっかり行われています。東京を代表するビジネスエリアで賃貸オフィスを探している企業におすすめです。

ビル周辺は高層ビルが多いビジネス街

「アークヒルズサウスタワー」は、六本木一丁目駅から直結の賃貸オフィスです。他にも4駅が徒歩圏内で、都心主要エリアへも15分足らずで行くことができるため非常に好立地と言えるでしょう。

オフィスはさまざまなレイアウトに対応でき、最大4段階のセキュリティシステムも導入しています。周辺にはレストランやカフェ、自然豊かな場所も充実しているため気分転換もしやすいです。

ここからは、賃貸オフィスを借りるうえで知っておいた方がいい情報を紹介していきます。こちらもあわせて参考にしてください。

【東京都内23区】賃貸オフィスを借りるならどこがおすすめ?賃料相場も確認!

オフィスを借りるなら賃料相場が安いエリアがおすすめ♪

賃貸オフィスを借りるときにどのエリアにするのかは非常に重要ですよね。東京は全国でもオフィスが最も多いエリアなので、23区の中だけでも多くの賃貸オフィスがありますが、それぞれのエリアによって賃料相場は大きく変わります。

オフィスを借りるなら、なるべく賃料相場が安いところがいいと思っている方も多いはず。そこでそれぞれのエリアに分けて、賃料相場と一緒に特徴や主要駅を紹介していきます。

大田区

大田区は東京の品川区と神奈川の川崎市と隣接しており、東京23区の中でも最大の面積を誇っています。そのほとんどの面積を羽田空港、工場や倉庫が保有していることから、東京の玄関口を担う産業地区と言われていることも特徴です。

主要駅は大森駅、蒲田駅、多摩川駅、田園調布駅などになっています。神奈川の川崎市や横浜市、都心部を結ぶ路線が多くなっていますが、東京23区の中で最も南に位置しているため都心部までの距離が最も遠い区です。

そんな大田区の賃料相場は、30~50坪で13,222円、100~200坪で16,000円になっています。この賃料相場は東京23区で10番目とされており、ちょうど真ん中程度の賃料相場と言えるでしょう。

中央区

中央区は日本の経済を引っ張るビジネス街もあり、昔からずっと東京の商業の中心として栄えてきた大商業地区でありながら、下町の情緒があふれる地区もあるエリアです。そのためビジネスマンだけでなく観光客も訪れており、平日や休日問わず毎日多くの人で賑わっています。

ビジネス関連の特徴でいえば、マスコミといったメディア関連の企業が多いことでしょう。そんな中央区の主要駅は三越前駅、銀座駅、日本橋駅、人形町駅、築地駅、八丁堀駅で、千葉などの他県からもアクセスしやすくなっています。

賃料相場は30~50坪で17,862円、100坪~200坪で21,067円となっており、ビジネスとしても観光地としても需要が高いため、その分賃料相場も高めです。東京23区内でも4番目に高くなっています。

杉並区

杉並区には中央線沿線の荻窪駅、西荻窪駅、高円寺駅、阿佐ヶ谷駅といった主要駅があり、これらの駅は住宅地としても人気が高いところになっています。そのため杉並区は、東京23区の中でも住宅地のイメージが強いエリアで、商業やサービス業の占める割合が高く商店街が多いです。

しかし主要駅にはオフィスビルも多くなっており、賃料相場は20~50坪で11,135円、50~100坪で9,895円になっています。この賃料相場を見ると、大田区や中央区と比べても圧倒的に安いことが分かりますよね。

賃料相場が安いからといって不便だというわけではなく、主要駅に関しては交通の便もいいためなるべく安く賃貸オフィスを借りたいと思っている方にはおすすめです。

世田谷区

世田谷区は神奈川県からすぐのところに位置しており、都心部からは少し離れています。面積は大田区の次に広いため、それぞれのエリアによって雰囲気が異なるのが特徴です。

若者が多く訪れる三軒茶屋駅や下北沢駅、高級住宅街が立ち並ぶ成城学園前駅、おしゃれでセレブな街として知られている二子玉川駅などを主要駅としています。主要駅の特徴を見ても分かるように、世田谷区には上質な住宅街が多くあり、その中にオフィスビルが建っているところは世田谷区の魅力とも言えるでしょう。

そんな世田谷区のオフィス賃料相場は、30~50坪で16,437円、100~200坪で19,500円です。オフィス街ではないため賃料相場はそこまで高くはありません。

品川区

品川区は東京湾に面しており、都会の雰囲気と歴史の雰囲気の両方をあわせもったエリアになっています。武蔵小山駅や戸越銀座駅には商店街があり、中でも有名な商店街は関東で最も長い商店街と言われている戸越銀座商店街でしょう。

また五反田駅、目黒駅、大井町駅はオフィス街になっており、アクセスがしやすい駅です。品川シーサイド駅や天王洲アイル駅は、オフィスビルが多く、中には再開発が進んでいるビルも多く立ち並んでいます。

このようにオフィスビルが多い品川区の賃料相場は、30~50坪で13,541円、100~200坪で18,358円です。今後もさらにオフィスビルの開発が進むと言われている品川区は、おすすめのエリアの1つと言えるでしょう。

目黒区

目黒区は雰囲気が落ち着いていて、街を歩く人はオシャレな方が多く高級住宅街のイメージが強いエリアです。多くの方が一度は住んでみたい、と思うエリアとも言えるのではないでしょうか。

そんな目黒区にビジネスのイメージはあまりないかもしれないですが、目黒区には高層オフィスビルが立ち並んでいます。主要駅は目黒駅、自由が丘駅、学芸大学駅といった東横線沿いの駅が多く、渋谷区から非常に近いです。

オフィスビルの賃料相場は30~50坪で15,858円で、品川区よりも少し高い相場になっていますが、目黒区は地盤がしっかりしており地震に強いため、安心して仕事ができるエリアでしょう。

豊島区

豊島区といえば主要駅の池袋駅をはじめとして、高級住宅街の目白駅、おばあちゃんの原宿ともいわれている巣鴨駅があるエリアです。豊島区は都会的な雰囲気もありつつ、落ち着いた雰囲気もあるためどの年代でも楽しめるところと言えるでしょう。

オフィスビルは池袋に最も多く建っていますが、雑司が谷駅や大塚駅など他の駅にも多くあります。オフィスビルの賃料相場は30~50坪で18,205円、100~200坪で21,727円です。
この賃料相場は中央区と同じくらいになっています。

新宿区

新宿区は誰もが知っている大繁華街の歌舞伎町、そして東京の中心の象徴である東京都庁があるエリアです。新宿区の最大主要駅である新宿駅は、ギネスブックにも認定されるほどの乗員数を誇っており、毎日多くの人が新宿駅を行きかっています。

そんな新宿区には多くの高層オフィスビルが立ち並び、高層オフィスビルを賃貸オフィスとして借りたいと思っている企業なら、きっと一度は新宿区を考えることでしょう。気になる賃料相場は30~50坪で16,172円、100~200坪で27,239円です。

30~50坪で見るとそこまでではないですが、100~200坪で考えると賃料相場が一気に上がります。

港区

港区は有名な企業も多いオフィス街エリアとして知られている一方で、商業施設、大使館、高級住宅街といったさまざまなものが揃っているエリアになっています。主要駅としては、品川駅、新橋駅、六本木駅、浜松町駅、麻布十番駅、赤坂駅、虎ノ門駅といった数々の駅があり、主要駅を見るだけでもオフィスビルが多いということが分かりますよね。

そんな港区のオフィスビル賃料相場は、30~50坪で19,766円、100~200坪で27,239円になっており、これまで紹介してきたエリアの中でもダントツに高い賃料相場を誇っています。東京23区内でも2番目に高いエリアです。

これだけの賃料相場になっている港区ですが、交通の便はよくオフィスビルも本当に多いので、働きやすいことは間違いないでしょう。

渋谷区

渋谷区といえば、渋谷駅にあるスクランブル交差点や忠犬ハチ公、原宿駅の竹下通りを思い浮かべるのではないでしょうか。そういったところは観光客や若者が多くなっているため、渋谷区は活気のある雰囲気だと思っている方も多いでしょう。

しかし渋谷区の主要駅でもある渋谷駅、代々木駅、恵比寿駅にはオフィスビルも多く、有名な企業が本社を構えているところも。そのため賃貸オフィスとしてもおすすめのエリアにはなっていますが、渋谷区の賃料相場は30~50坪で22,770円、100~200坪で33,588円と東京23区内で最も高くなっています。

渋谷区のように人気のエリアはやはり賃料相場も高くなっているので、もし費用を抑えたい場合は、杉並区や大田区のように比較的賃料相場の安いエリアもおすすめです。なおかつ駅から近いところのオフィスであれば、さらにいいのではないでしょうか。

ただ、賃貸オフィスを借りるうえで最も重要なことはコストパフォーマンスになるので、賃料相場の安さだけで決めるのではなく、物件そのものの価値をしっかり見極めるといいでしょう。

【賃貸オフィスとレンタルオフィスの違い】どちらがおすすめ?

賃貸オフィスとは?

賃貸オフィスとは、賃貸契約を結んで自社オフィスという形でオフィスを借りる形態です。オフィスを自由自在にアレンジでき、内装も自由に設計することができるため、オフィスにその会社らしさを出すことができます。

例えば、社員が働きやすくなるように工夫ができたり、おしゃれな空間にすることもできますよね。これは賃貸オフィスの最大の魅力だと言えるのではないでしょうか。

さらに、維持費がレンタルオフィスに比べてかからないところも賃貸オフィスのメリットの1つです。しかしその分敷金、礼金、仲介手数料などの初期費用が多く必要になってくるところはデメリットになります。

レンタルオフィスとは?

レンタルオフィスとは、業務を行ううえで必要になるものがすべて揃った状態のオフィスをレンタルできるもので、個別の専用のスペースとも言えます。会議室などは共有スペースになりますが、必要に応じて無料で使うことが可能です。

すべてが揃っているということは、パソコンなどを用意するだけですぐに業務を始めることができ、初期費用も抑えることができます。また有名なオフィスビルに入っていることが多いため、企業の信頼度が上がることでしょう。

しかし、レンタルオフィスの規模は10人以下の少人数向けのものが多く、大人数向けのオフィスが少なくなっています。そのため大人数の企業よりも、スタートアップしたばかりの企業に向いていると言えるかもしれませんね。

また、長期で利用するとなると割高になってしまうこともデメリットになります。

選ぶなら賃貸オフィスがおすすめ

賃貸オフィスは自社のオフィスを持つことができますが、その分初期費用が多く必要になり、レンタルオフィスは個別の専用スペースを低価格でレンタルできますが、大人数には適さないということが分かりました。このように、それぞれで特徴は異なるので目的に適している方を選ぶといいでしょう。

しかしオフィスを利用するとなると維持費がかかり、長期でレンタルする場合賃貸オフィスの方が維持費は安くなります。そうなると、初期費用がかからないからとレンタルオフィスにしたものの、いつの間にか多くの費用を支払っていたということになりかねません。

そのようなことも含めて考えると、初期費用はかかりますが維持費は安く、自社のオフィスを持つことができる賃貸オフィスが個人的にはおすすめです。

賃貸オフィスを選ぶ上での重要ポイント!

条件決め

まずは何を重視したいのか、何を譲ることができないのかといった条件を決めていきます。条件はオフィスの広さ、賃料、設備の充実さ、使用に制限がないか、立地のよさなどさまざまあり、この条件は企業によって異なるでしょう。

条件をしっかり決めてから賃貸オフィスを探すことで、効率よくオフィスを見つけることがでるので、まずは条件を決めることがおすすめです。

賃料(価格)

オフィスの賃料はエリアによって大きく異なります。アクセスもよく、オフィスビルが立ち並ぶ人気が高いエリアは賃料が高く、都心部から離れていたり、住宅街の中にオフィスビルがあるエリアは比較的安いです。

もしなるべく賃料を抑えたい場合は、都心部から離れているエリアや住宅街の中にオフィスビルがあるようなエリアを選ぶことで、大幅に費用を抑えることができます。さらに、人気が高いエリアでも駅から離れているところにあるオフィスビルなら、費用を抑えることができるかもしれません。

立地・アクセス

社員や取引先のことを考えると、立地やアクセスのしやすさも考慮して賃貸オフィスを選ぶ必要があります。社員が通勤や外出をしやすければ、仕事に対する満足向上にもつながり、取引先が来客しやすければ取引がうまくいくことにつながるかもしれません。

そのため立地やアクセスを重視するなら、駅から近いところの賃貸オフィスや、人気なエリアに賃貸オフィスを借りるといいでしょう。

広さ

広さは社員の数や会社の規模にあわせて決めていきますが、広さの目安について分からない方も多いのではないでしょうか。だいたい目安としては、社員1人に対して3坪ほどと考えれば十分でしょう。

しかし、社員の数や会社の規模がずっと同じとは限らないですよね。事業が拡大した影響で、社員の数が増えて会社の規模が大きくなるということも考えられます。

そのようなことも考えて、オフィスの規模を変更できる賃貸オフィスを選ぶとなおいいでしょう。賃貸オフィスの中には、小区画から大区画の変更に対して柔軟にサポートしてくれるところもあるので、ぜひ検討してみてくださいね。

見学・内覧

どのような賃貸オフィスを借りたいのかが具体的に決まってきたら、希望に当てはまるオフィスの見学や内覧をすることがおすすめです。ホームページにオフィスの写真が掲載されていることがほとんどですが、写真と実物とでは異なる場合があります。

実際に見てみたら思っていた賃貸オフィスとは違ったなんてことも。もし契約してからそのことに気づいてしまったら手遅れになってしまいますよね。

そのため、賃貸オフィスの見学や内覧をすることは大切です。しかし、内覧や見学をしている時間がないという方もいるのではないでしょうか。

その方におすすめしたいのが「VR内覧」です。VR内覧では、360°の写真を活用して賃貸オフィスの様子をリアルに体感することができるため、手軽にオフィスを確認することができます。

BCP


BCPの対策が十分に整っているかも確認しておく必要があります。そもそもBCPとは事業継続計画のことで、自然災害やインフルエンザの流行といった緊急事態が発生したときに、企業の損失を最小限に抑えて、事業を継続、復旧させるための計画策定です。

特に最近では新型コロナウイルスが大流行しているため、BCPの対策が整っているかは重要視したいポイントになります。例えば、感染を防ぐための隔離対策や拠点の分散、自転車通勤といったことに対応してくれるといいですよね。

社員や企業の存在を守るためにもしっかり確認しておきましょう。

まとめ

東京の賃貸オフィスにあわせて、賃貸オフィスを借りるうえで知っておいた方がいい情報について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。東京23区には多くの賃貸オフィスがあり、エリアごとで賃料は異なります。

賃貸オフィスを借りるうえで何を重要視したいのかを明確にして、希望にあった賃貸オフィスを見つけてくださいね。賃貸オフィスを探すときには、ぜひこのサイトも参考にしていただけると幸いです。

 

記事一覧

東京都内で賃貸オフィスを探している経営者・担当者の中には、どこが一番よいのか迷っているという方もいるでしょう。失敗しない賃貸オフィスを選ぶには、立地条件や会社の規模、業務が快適にできる環境等 ・・・[続きを読む]
モノレール沿線の賃貸オフィスは、どれも東京の湾岸エリアのオフィスです。最先端オフィスの再開発により、将来の東京オリンピックや5G時代を見据えたオフィスばかりで、どの業界でも最先端を行く企業に ・・・[続きを読む]
大森は東京都大田区の地名であり、JR京浜東北線の大森駅を中心にした街の名称です。品川区の南大井や大井などの地域が含まれることもあります。品川駅から電車で2駅約6分のアクセスで、品川区内と比べ ・・・[続きを読む]
【詳細】 ビル名:五反田tocビル 住所:東京都品川区西五反田7-22-17 TEL:公式サイトに問い合わせフォーム有り 東京で賃貸オフィスを探す時に、五反田tocもひとつの候補に入れておく ・・・[続きを読む]
【詳細】 ビル名:富国生命ビル 住所:東京都千代田区内幸町二丁目2番2号 TEL:03-3246-3234 富国生命ビルは、東京の中心に位置する賃貸オフィスです。東京都内で賃貸オフィスを探す ・・・[続きを読む]
【詳細】 ビル名:丸の内パークビルディング 住所:東京都千代田区丸の内2-6-1 TEL:0120-339-520 東京の丸の内はオフィスを構える際に、さまざまな魅力のあるエリアとして人気が ・・・[続きを読む]
【詳細】 ビル名:住友不動産渋谷ファーストタワー 住所:東京都渋谷区東1-2-20 TEL:0120-070-806 オフィスをどこに構えるかはブランドイメージにつながり、社員の士気にもかか ・・・[続きを読む]
千葉県有数のショッピングタウンである幕張エリアは、職・住・学・遊といったすべての機能が集まる快適な街だと人気が高まっています。計画的な街づくりが行われてきたエリアでもあり、JR京葉線で海浜幕 ・・・[続きを読む]
東京都が都市開発を進めるビッグプロジェクト「臨海副都心」の中心「お台場」は、ウォーターフロントの魅力を最大限に活かした街づくりが行われています。さまざまな商業施設やオフィスビルが林立しており ・・・[続きを読む]
天王洲アイルは東京都品川区にある臨海部の通称です。埋め立て地で出来ており、新しい地域として知られています。当然ながら建築物はすべて新しく、芸術文化の発信地をコンセプトとした芸術的なビジュアル ・・・[続きを読む]
この記事では、機械関係でおすすめの賃貸オフィスを3つご紹介します。ここで紹介する物件は、東京モノレールの駅を中心とした機械関係の会社への提案などが含まれています。羽田空港や品川駅を中心に海外 ・・・[続きを読む]
みなとみらいにある賃貸オフィスはどこがいいか分からず、悩む人も多いのではないでしょうか。賃貸オフィスを選ぶには、業務に必要な設備が揃っているかどうか、東京から通いやすいかどうかなど、しっかり ・・・[続きを読む]
品川シーサイドエリアは再開発が進んだ影響もあってオフィスの数が多く、商業施設も充実しているのが特徴です。近年では全国的に働き方が見直され、テレワーク等の導入が注目されていますが、小規模なオフ ・・・[続きを読む]
近年、テレワークが一つの働き方となってきています。企業もオフィスに対する見方が変わってきており、オフィスのサイズを小さくしたり低賃料の物件に注目が向けられています。そのため今後オフィスの値段 ・・・[続きを読む]
現在、東京では気軽に賃貸オフィスを利用することが可能です。中でも小区画の賃貸オフィスは近年注目を集めており、一部の社員が行うテレワークやリモートワークなどに適していたり、本社オフィスの縮小な ・・・[続きを読む]