【東京23区内】賃料・施設設備・アクセス等に優れた格安賃貸オフィスをおすすめ比較で紹介します!

賃貸オフィスに火災保険は必須?気になる補償内容

公開日:2021/04/15  最終更新日:2021/04/01

東京都内で賃貸オフィスを借りる際には色々なことを考慮しなければなりません。東京都内に限らずオフィスを借りる際には火災保険についても十分に理解しておく必要性があります。失火してしまうと損害賠償等のために、とんでもない負債を抱えることにもなってしまうので、しっかりと火災保険等の契約はしておきましょう。

基本的に火災保険は必須

賃貸オフィスを借りるならば基本的に火災保険をつけることが必須です。火災保険をつけないと契約が出来ないといった賃貸オフィスも多くあります。確かに賃貸オフィス向けの火災保険は高いものの、火災保険をつけずに営業するのはリスクが高すぎます。

そもそも「最近は防火性能が高い物件が多いため火災保険をつけなくても大丈夫」と考えている人が結構いるようです。こうした考えはとても危険で、賃貸オフィスの中には築数十年の老朽化した物件も多くあります。老朽化した物件で失火すると被害も大きくなりやすいのです。東京都内で火災保険をつけずに失火した場合は、損害賠償だけで数億円単位の額になることも珍しくありません。こうした負債は自己破産手続きをしてもなくならない場合もあるので、火災保険に入る方が賢明といえます。

もちろん、火災保険であればなんでもよいわけではありません。中にはあまり補償内容が充実していないため、いざというときに頼りにならないことがあります。一方で、保証内容が充実していても費用が高すぎて利用しづらいケースも少なくありません。費用と補償内容のバランスが欠かせないので、しっかりと比較し選ぶことが重要といえます。

賃貸オフィスの火災保険の補償内容について

賃貸オフィス向けの火災保険は、一般家庭向けの火災保険とは異なります。賃貸オフィス向けの火災保険の中には、営業できなくなった日数分の収入も補償に含まれている場合もあるようです。大まかな補償内容はどこも大差ないので、費用や補償金額などに注目して決めていきましょう。

火災保険の補償内容について、もっと詳しく紹介していきます。まず、火災発生時にどれくらい補償されるかは一番大切なポイントといっても過言ではありません。全額保証なのか、それとも部分保証なのかは重要なところです。責任の有無によって費用が変わってくるといったこともあります。このような違いはかなり大きいもので、こうした違いをじっくりと比較検討していくとお得な火災保険も見つかりやすくなってきます。

家財などもどれくらい補償されるかもポイントです。店の物品によっては数百万円するといったものがあるかもしれませんが、そうした場合には全額保証されるような火災保険がやっぱりお得になってきます。

ちなみに費用ですが、かなり高くなってしまうのは仕方ありません。東京はそもそも火災保険が高い場所なので、この点は仕方ないところでしょう。年に50万円以上かかることもありますが、これもオフィス規模等によって様変わりしてきます。このため、色々な火災保険会社にまずは見積もりを出してもらうと良いでしょう。

お得に契約するコツ

火災保険を契約する場合は、色々なプランを比較検討しておいてください。そのためにもまずは保険代理店にいって話を聞いてみましょう。色々と話を聞いて知識を仕入れた上で、選んだ方が後悔しづらくなります。決して安い費用ではないので、万が一に備えて妥協は少なくしましょう。

賃貸オフィスの契約時に、すでに火災保険が物件についていることがあります。この場合には「こちらで火災の契約することが出来ませんか」と交渉してみましょう。デフォルトでついているような火災保険は内容的にお得ではないことが多いので、自分で契約したほうがメリットが大きいです。

もちろん嫌がられることもありますが、それでも交渉する価値は十分にあります。何年も賃貸オフィスを使うとなると、保険料の違いも大きなものになりますから、最初にしっかりと交渉しておいてください。

火災保険会社によっては、いろいろなキャッシュバックやキャンペーンを行っています。時期によって大変お得に加入できることもあるので、こうしたポイントも考慮してみましょう。賃貸オフィス向けの火災保険の場合、月額費用も高くなるので、少しでもコストを抑えたいはずです。火災保険等のような固定費を減らすことが、経営する上で欠かせません。とはいえ、無保険状態にするのは危険なので絶対にやめましょう。

 

賃貸オフィスを借りる場合は、必ず火災保険を利用しましょう。そもそも火災保険の加入が絶対条件であるケースがほとんどです。火災保険会社によって補償内容が異なるので、自社に合ったプランを選ぶ必要があります。契約時についている火災保険の補償よりもよい保険会社があれば、変更できるか交渉するのも一つの手です。経営する上でコスト削減は欠かせませんが、安ければよいわけではないので、しっかりと補償内容と費用のバランスを考えることが重要といえます。

【東京】おすすめの格安賃貸オフィス

商品画像
商品名東京流通センター東京スクエアガーデンキャロットタワーサピアタワーアークヒルズサウスタワー
特徴小面積から大面積まで対応可能1,000坪以上の整形無柱空間オフィス内に受付・会議室・ロッカー室も完備セキュリティゲートや24時間の有人管理最大4段階のセキュリティシステムを導入
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索