【東京23区内】賃料・施設設備・アクセス等に優れた格安賃貸オフィスをおすすめ比較で紹介します!

賃貸オフィスの家賃相場はどう決まる?相場の変動について

公開日:2021/05/15  最終更新日:2021/04/01

東京で賃貸オフィスをレンタルしたいときに、多くの方が気にすることといえば賃料相場です。相場がよくわからないと、どれくらいのコストが適切なのか把握しづらく余計な費用がかかってしまいます。負担を軽減して適切な賃貸オフィスを利用したいなら、相場を理解しておく必要があります。そこで東京の賃貸オフィス相場について解説をします。

賃料相場はあくまで目安として考えること

東京で賃貸オフィスを利用するときにかかる費用相場ですが、これは地域によって変化します。新宿や六本木などの人気エリアの物件は料金も高めに設定されています。逆に需要があまりない物件だと、費用は安めです。このことを理解して賃貸オフィスを選ばないと損をしてしまうので注意しておきましょう。

基本的に賃料相場は単純なコストを坪数で割ったものです。そのため礼金や敷金などの金額を差し引いているケースが一般的です。実際に物件を借りると償却等初期費用などもかかってしまうため、公表されている金額よりも多くかかります。オフィスを東京で立ち上げる場合は、予想外の金額がかかってしまうケースもあるので総合的にどれくらいかかるのかを計算しましょう。

賃料については常に変動していることも注意をするべき部分です。例えばある商業施設が近場に出来た場合、周囲にある物件は価値が上昇します。したがって賃貸オフィスの料金も通常より高くなってしまうので注意が必要です。

また賃料の安いエリアだけに集中して物件を探しているとチャンスを逃してしまうケースもあります。例えば一見値段が高く見える物件でも、総合的に見ると利便性に長ける、また好立地の条件のものを見つけることができます。そのような物件は賃料の安いエリアと比較した時に実は自社と相性が良かったということもあるので、賃料だけに気を取られず総合的に物件を選ぶのが良いでしょう。

相場が上昇する理由を知っておくと便利

東京の賃貸オフィスは状況によって賃料が変化します。このことを理解しておかないと、面倒な事になってしまいます。

基本的に賃貸オフィスは需要と供給で成り立っていて、需要があるほど賃料が高くなりがちです。逆に需要がなければ料金が安くなってしまいます。現在対象の賃貸オフィスにはどれくらいの空室があるのかチェックしておくと、料金相場を把握しやすいです。 空室が多いということは賃料の変化が起こりやすい証拠です。

ちなみに通常の空室率のことを自然空室率と読んでいます。自然空室率は賃貸オフィスの賃料と深い関係を持つ要素なので覚えておきましょう。実は賃貸オフィスは空室率が多い物件ほど、賃料を下げる傾向があります。なぜなら空室が多いということは、その分売上が下がってしまうからです。 そのため空室の多い物件は賃料を下げて、集客を行います。できるだけ安価に東京で賃貸オフィスを利用したいなら空室状況を確認しておくことが望ましいです。

ちなみに賃料は空室率が5%を超えた時に下がる傾向があります。物件によっては7%以上の空室率になったときに賃料を下げるところもあるので、確認しておきましょう。 ビル単体で空室率を見て空き部屋が多い場合、賃料の交渉ができる可能性もあるのでコスト削減したいなら物件の状況を見ておくことをお勧めします。なお候補物件を見つけたときに、その物件を扱っている仲介業者に問い合わせをすれば空室率を聞くことができます。

ビルの数や二次空室を把握しておこう

東京にある賃貸オフィスの大半がビルの中に入っています。対象のエリアを見てビルの物件数が少ない場合、ちょっと注意をしておく必要があります。基本的に賃貸オフィスの相場はビルの数によって変化するからです。

例えば周辺の賃貸オフィスビルが少ない時、周囲の賃料の影響を受けにくい傾向があります。競合が少ないということは、競争率も低く賃料をあまり下げない場合がほとんどです。 逆にオフィスビルが多いエリアだと、できるだけ多くの顧客を確保するために賃料を引き下げます。できるだけ安価な賃貸オフィスを利用したいなら、競合の多いエリアを利用するのが良いでしょう。

他にも二次空室にも注目をしておきましょう。企業が移転した古いビルは二次空室と呼ばれています。 例えば土地開発などにより注目エリアが出てくると、そのエリアに企業が移動をして二次空室が出来てしまいます。企業が立ち退く傾向がある物件は注目するべき場所です。立ち退く企業を少しでも抑えたいため、賃料を引き下げる傾向があるからです。

例えば二次空室が起きそうなエリアを見て、事業を行っても特に問題がないのなら対象のビルを選ぶのも1つの手です。また二次空室が発生する可能性のある物件は交渉をしやすいので、うまく利用してみましょう。相場の変動はエリアのあらゆる状況が関係して起こります。そこで常にアンテナを広げて各エリアの状況をチェックしておきましょう。

 

東京の賃貸オフィスの賃料は、多くの要素が関係して変動します。業者が公表している金額はあくまで表面上の賃料のため、諸費用なども含めてコストを計算しましょう。またできるだけ安価な物件を利用したいなら空室の多いビルなどを狙うのがおすすめです。

【東京】おすすめの格安賃貸オフィス

商品画像
商品名東京流通センター東京スクエアガーデンキャロットタワーサピアタワーアークヒルズサウスタワー
特徴小面積から大面積まで対応可能1,000坪以上の整形無柱空間オフィス内に受付・会議室・ロッカー室も完備セキュリティゲートや24時間の有人管理最大4段階のセキュリティシステムを導入
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索